おうち de TANGO Vol.03

2020年3月末から
新型コロナウィルスによる緊急事態宣言で、スタジオをクローズしていた際、
オンラインレッスンとして始めたのが おうち de TANGO です

< おうち de TANGO とは・・・>

3曲分 ミュージカリティ実践 、
ボレオやラピスなどのテクニックに加え、音の取り方、動き方のバリエーションを練習します。

単なる エクササイズではなく「ひとりで踊るタンゴ」と思って練習して頂きたいと
考えています。

ダイジェスト版ですが、ご自宅での練習、ストレス解消、気分転換に最適だと思います。
もちろん続けることで「タンゴ力」は かなり身に付きます!
隙間時間に1曲だけなら 6〜8分で十分! ぜひやってみて下さい。

 

動画  おうち de TANGO   Vol.03

 

1曲目 Oblivion (A,Piazzolla)
2曲目 Paciencia(F,Canaro)
3曲目 Santa Maria (Gotan,P)

 

なるほど 黒いパンツだと動きがわかりにくいのですね。。
その後 反省して 白パンか色パンしか履かなくなりました。

 

>   1曲目 Oblivion

オブリビオンが好きだ というお声があったので それにお応えする形で
これを選びました。

思えば この時に「タンギズム」の具体的な構想が 頭の中に浮かんだのかもしれません・・

これほど美しい曲だと 本当に心が洗われるようですね。

スローな動きほど難しいものです。
筋力をかなり使います。

私は エクササイズで「重心を真ん中に」とか「開いた足のちょうど真ん中」とか、なにしろ「センター探し」という要素をかなり取り入れます。

センター探しの微妙なコントロールの訓練は絶対にするべきだと思っているんですね。
この訓練が出来てない人は どの曲もすべて「同じ重心の量」をのせてしまいます。
いつもいつも同じになってしまう のですね。

意図して 重心の移動の量を操ることが出来なければ、強弱や緩急をつけた音楽性などぜったい出せないので

リードであれ フォローであれ  まずはそれを意識してチャレンジすることが必要だと思います。

ここでは、前や 後ろに「出すだけ」というコントロールをしたあと

「真ん中」へコントロールさせてゆきますが、その際、骨盤がまわらないように という注意点も出てきていますね。

これ大事です。

本当に重心が真ん中  という状態を一発でコントロール出来るようになっていると
体をしぼった時 骨盤がまわることはないはずなんです。

逆に言えば、骨盤がまわってしまう人は、重心の乗せる量が右足と左足でバラ付きがある、
あるいは毎回違う そんなところを点検する必要があるのかもしれませんよ。

 

 

>  2曲目  Paciencia

また H 型です。
まさに この時の 我々の状況にジャストな曲のタイトルですな。

「Paciencia」パシエンシア とは 「忍耐」を意味します。

動画の中でも話しているように「タップ」は タップダンスの「タップ」ですね。

日頃から 練習の中で「足首を使いましょう」は すごく出てくる言葉ですよね。

これももう基礎練習として 外せない1つです。足の位置を軽く固定させ アキレス腱の伸び縮みによって、軽やかなタップが出来るようになること、それくらい 足首の力が抜けること。

この条件は早い段階から整えないと 特に「ジェバーダ」というステップで困ることになります。

このような基本的なことを押さえないまま アクションの大きめなステップばっかり先にやろうとするのは、本当に本当に超ダメで ものすごく嫌われますから注意してください。
足首のかたい人のジェバーダで 足の甲の骨が折れるかと思った!! って言う話 いっぱいありますから。マジで。

 

あ、話が「ダメなジェバーダ」で白熱しそうですが、

こんなパシエンシアの曲がもつ「軽さ」に助けられて、足首をタタっと 柔らかく使えるようになるといいですね。

 

>  3曲目 Santa Maria

ゴタン・プロジェクトの曲です。

キックは タンゴのステップとしては「パターダ」という、相手が両足を開いた その中間に向かってキックする動作があり、そんな動作を「パターダをする」と言います。男女どちらもありえます。

例えば、女性がヒーロをしている  前 → 横 → 後ろ → 横  という移動の最中、どのタイミングでも中間の時を狙ってパターダが可能です。

男性が自分で中間バランスに開いた 左右の足の間へ リードによって 女性にキックさせる こともあります。
自分で自分に向かってキックさせるなんて 怖いようですが、怖がって離れたりするとむしろ危ないので、適切な距離感やあとは、エネルギー問題が解決されてることが 前提条件として必要ですね。

エネルギー問題とは すなわち  手やパワーで直接的なリードフォローをしない  ということです。
2人の強弱や重さ、圧 の調和がとれていて 余分な力を必要としていない リードフォローがされていると
このようなパターダなどのステップもナチュラルに入ります。

パワーリードだということが外から見てバレてしまうのは、そのパターダなり 何か特別なステップを特別にしてしまうからなんですね。

せーーのっ  パターダーー!!  みたいな・・・( ̄□ ̄;)

 

で、まあ  このエクササイズでは キックする股関節の力を抜くこと、
軸足が安定して立っていられることの 良い訓練になるかと思います。

 

“ジョーズ君”

おもしろいね!練習してね〜〜
またね〜〜

“jnk先生”

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です